J・CREW
友達たくさんとのゆかいな生活についてレポートする部ログでしょう。

バンク角

立川スケートパークバンク画像
<↑↑今日のネタはこいつです↑↑>

先日お伝えした立川のスケートパーク、通称 『タチパ』 が先週末にオープンしたので、大橋君とI氏と行ってきました。
JR「立川駅」と多摩都市モノレールの「高松駅」のちょうど中間地点に位置していて、上にはモノレールが走っています。立川から徒歩でも10分くらいです。棒MISA嬢もスケート持って原チャリで参上してくれたのですが、視察だけしたのみでそっこー帰りました。おそるべし地元民。

さてさて、このパークは思ったよりコンパクトでしたよ。
タテ長で全体で約15M×60Mくらいでしょうか。それはそれでいいんですが、このパークRが一切ありません。両はじはフラットです。よってひたすら漕ぐ体力が要求されます。

グラインドボックス自体は長くて面白い感じなんですが、角以外のコンクリート部分がまだよく滑らないため、育てる必要がありそうです。(すみません、画像ナシです。)

そしてこのパークの醍醐味といえるであろう、長いバンク。
名づけて 『タチバンク』
長いのはいいんですが、玄人向けのこの角度がクセモノです。
上手いスケートボーダーの人はエアーやらフリップやらしていたので、言い訳できないんですが、ワタクシは急角度&硬いコンクリートに何度かやられてきました。
でもバンク好きの人。ストリートバンクのが練習したい人。セススライド系の技が好きな人なんかにはオススメできそうです。

立川スケートパークバンク角度
<真横から見るとこんな感じ>

バンク上手くなりたいなーと、そう思わされるパークですね。
どうっすか??
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。